同期モータの電圧方程式ー⑤d-q回転座標系⇒3相座標系への変換ー

モータ技術

電圧方程式はモータの重要な基本式の一つです。本記事では,d,q軸電圧方程式を3相上の電圧方程式に逆変換を行い,d,q軸電圧方程式の導出に使用し3相電圧方程式が復元できることを確認します。そこから,3相座標上の相互インダクタンスがdq軸上の相互インダクタンスを0にするために定義されたのではないか,という主張を導きます。

関連記事はこちら↓からどうぞ。

同期モータの電圧方程式ー①3相座標系のインダクタンスー
電圧方程式は同期モータを記述する基本式の一つであり,モータ制御などにおいて非常に重要な役割を果たします。電圧方程式にはモータパラメータとしてインダクタンスが登場し,3相座標系においてその扱いは非常に難しいです。本記事では,電圧方程式内の...
同期モータの電圧方程式ー④d,q軸鎖交磁束を用いた導出ー
電圧方程式はモータの重要な基本式の一つです。前記事までは,d,q軸電圧方程式をd,q軸インダクタンスと界磁磁束で表現していました。必要に駆られて,d,q軸鎖交磁束を用いた電圧方程式を導出したため,備忘録的にその導出過程をまとめます。 ...
d-q回転座標系のお話-②座標変換行列-
同期モータでは、平衡3相交流によって生じる回転磁界やロータ(回転子)と同期しながら回転するd-q回転座標系を考えます。本記事では、この3相座標系からd-q回転座標系への変換行列について説明します。 大きい画面で表示したい方はこちらからご覧...

大きい画面で表示したい方はこちらからご覧ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

スライドの目次

  • 本記事を読む前に
  • 同期モータの電圧方程式
  • 電圧方程式のdq変換
  • 本記事の目標
  • 変換行列の逆行列
  • d-q回転座標系⇒3相座標系への変換
  • 右辺の第2項目の計算
  • 右辺の第3,4項目の計算
  • 導出した3相座標系の電圧方程式
  • 3相座標系の相互インダクタンスに関する考察

質問・コメント等ございましたら,コメント欄,メールやTwitterよりご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました