なぜトルク計算に磁気随伴エネルギーが用いられるのか

モータ技術

同期モータのトルクを求める際に,磁気随伴エネルギーを用いることがあります。物理的に意味のない磁気随伴エネルギーをなぜ用いるのか?磁気エネルギーから求めてはいけないのか?本記事では,こういった疑問を解決します。

大きい画面で表示したい方はこちらからご覧ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

スライドの目次

  • モータのトルクを求める方法は様々
  • モータが貯える磁気エネルギー
  • 磁気エネルギーに基づく機械仕事
  • 磁気エネルギーからトルクを計算する
  • Φ,θを独立変数とする場合
  • i,θを独立変数とする場合
  • 磁気随伴エネルギーとは?
  • なぜ磁気随伴エネルギーを導入するのか
  • 磁気特性が線形の場合
  • 磁気特性が非線形の場合
  • (補足)B-Hカーブ上での磁気エネルギー
  • 参考文献

質問・コメント等ございましたら,問い合わせフォームや下部のコメント欄,メールやTwitterよりご連絡ください。

コメント

  1. 熊谷 より:

    15ページ目のdφ=SdBのφは前記までの鎖交磁束数ではなく,
    鎖交磁束にならないでしょうか?
    鎖交磁束数=ターン数×鎖交磁束

タイトルとURLをコピーしました