経歴・成果物

清水 悠生  1994年12月生まれ  PhD Student  Twitter  GitHub  問い合わせフォーム

メールアドレス:de104004 “at mark” edu.osakafu-u.ac.jp

経歴

  • 2016年3月 大阪府立大学 工学域 電気電子系学類 早期卒業(3年)
  • 2018年3月 大阪府立大学大学院 工学研究科 電気・情報系専攻 博士前期課程 修了
  • 2018年4月 トヨタ自動車(株)(2020年3月まで)
  • 2020年4月 大阪府立大学大学院 工学研究科 電気・情報系専攻 博士後期課程入学(現在に至る)
  • 2021年2月 大阪府立大学 非常勤研究員(現在に至る)
  • 2021年4月 大阪工業大学 非常勤講師(現在に至る)

受賞歴

  • 2022年 電気学会 優秀論文発表賞(内定) @令和3年電気学会全国大会
  • 2021年 大阪府立大学 学長顕彰
  • 2021年 IEEJ Industry Applications Society Excellent Presentation Award @SAMCON2021
  • 2021年 電気関係学会関西連合大会 奨励賞
  • 2018年 大阪府立大学 中百舌鳥賞(分野内成績トップで博士前期課程を修了)
  • 2017年 電気関係学会関西連合大会 優秀ポスター賞
  • 2017年 大阪府立大学 工学研究科長顕彰
  • 2017年 大阪府立大学 学長顕彰
  • 2016年 電気関係学会関西連合大会 奨励賞
  • 2016年 電気学会 優秀論文発表賞 @産業応用部門研究会

競争的資金

学術誌

  • Y. Shimizu, S. Morimoto, M. Sanada, and Y. Inoue, “Using Machine Learning to Reduce Design Time for Permanent Magnet Volume Minimization in IPMSMs for Automotive Applications,” IEEJ J. Ind. Appl., Vol. 10, No. 5, pp. 554-563 (2021) 論文URL 紹介記事
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「自動車駆動用2層IPMSMの運転特性に及ぼすPWMインバータのキャリア高調波の影響」,パワーエレクトロニクス学会誌, 43巻, pp. 130-137 (2018) 論文URL
  • Y. Shimizu, S. Morimoto, M. Sanada, and Y. Inoue, “Influence of Permanent Magnet Properties and Arrangement on Performance of IPMSMs for Automotive Applications,” IEEJ J. Ind. Appl., Vol. 6, No. 6, pp. 401-408 (2017) 論文URL
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「強磁力磁石を用いた自動車駆動用IPMSMの特性に及ぼす磁石配置と鉄心材料の影響」,電気学会論文誌D, Vol. 137, No. 5, pp. 437-444 (2017) 論文URL

講演

  • 清水悠生,「機械学習を活用した自動車駆動用IPMSMの最適設計期間短縮」,JMAGユーザー会2020,2020年12月8日

国際会議発表(査読付き)

  • Y. Shimizu, S. Morimoto, M. Sanada, and Y. Inoue, “Investigation of Irreversible Demagnetization Constraints in Magnet Volume Minimization Design of IPMSM for Automotive Applications Using Machine Learning,” Proc. of the 2021 IEEE International Electric Machines & Drives Conference (IEMDC), A2L-3 (2021.05)
  • Y. Shimizu, S. Morimoto, M. Sanada, and Y. Inoue, “Reducing Design Time of Permanent Magnet Volume Minimization for IPMSM for Automotive Applications Using Machine Learning,” Proc. of the 2021 IEEJ International Workshop on Sensing, Actuation, Motion Control, and Optimization (SAMCON), TT2-1, pp. 248-253 (2021.03)
  • Y. Shimizu, S. Morimoto, M. Sanada, and Y. Inoue, “Reduction of Torque Ripple in Double-Layered IPMSM for Automotive Applications by Rotor Structure Modification,” Proc. of the 12th International Conference on Power Electronics and Drive Systems (PEDS), 72, pp. 429-434 (2017)
  • Y. Shimizu, S. Morimoto, M. Sanada, and Y. Inoue, “Efficiency Improvement and Downsizing of Double-Layered IPMSMs Containing a Strong Magnet for Automotive Applications,” Proc. of 19th European Conference on Power Electronics and Applications (EPE’17 ECCE Europe), 9789075815269 and CFP17850-USB (2017)
  • Y. Shimizu, S. Morimoto, M. Sanada, and Y. Inoue, “Influence of Permanent Magnet Properties and Arrangement on Performance of IPMSMs for Automotive Applications,” Proc. of the 19th International Conference on Electrical Machines and Systems (ICEMS), DS1G-4-13 (2016)

国内会議発表

  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「敵対的生成ネットワークと畳み込みニューラルネットワークを活用したIPMSMの回転子形状最適化」,静止器/回転機合同研究会,SA-21-067/RM-21-088 (2021.09)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「半教師あり学習データにより構築した深層生成モデルと畳み込みニューラルネットワークを活用したIPMSMの回転子設計システムの基礎検討」,2021年電気学会産業応用部門大会, 3-77 (2021.08)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「機械学習を用いた自動車駆動用IPMSMの磁石量最小化設計における耐減磁制約の検討」,令和3年電気学会全国大会, WEB22-C4, 5-086 (2021.03)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「機械学習を用いた2層IPMSMの特性予測精度向上と磁石量最小化設計」,静止器/回転機合同研究会,SA-21-025/RM-21-025 (2021.03)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「機械学習を活用した2層IPMSMの磁石量最小化設計過程における形状推移の要因考察」,2020年電気関係学会関西連合大会,G4-16 (2020.11)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「機械学習を用いた2層IPMSMの特性予測に関する基礎検討」,静止器/回転機合同研究会,SA-20-068/RM-20-092 (2020.09)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「自動車駆動用IPMSMの高効率化検討」,平成29年電気関係学会関西連合大会, P-8 (2017)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「自動車駆動用2層IPMSMの運転特性に及ぼすPWMインバータのキャリア高調波の影響」,パワーエレクトロニクス学会講演資料, JIPE-43-16 (2017)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「PWMインバータによるキャリア高調波を考慮した自動車駆動用2層IPMSMの運転特性」,平成29年電気学会産業応用部門大会, 3-36 (2017)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「ホールと窪みを設けたロータ構造による自動車駆動用2層IPMSMのトルクリプル低減」,平成29年電気学会全国大会, 5-006, pp.11-12 (2017)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「自動車駆動用2層IPMSMの運転特性に及ぼす磁石量比の影響」,平成28年電気関係学会関西連合大会, G4-14 (2016)
  • 清水悠生・森本茂雄・真田雅之・井上征則:「新規磁石材料を用いた自動車駆動用IPMSMの特性に及ぼす磁石配置と鉄心材料の影響」,モータドライブ/回転機/自動車合同研究会,MD-16-62/RM-16-48/VT-16-17 (2016)

その他

  • 株式会社日経BP(2018):「クルマから始まるモーター革新、磁束や極数を可変に」,日経エレクトロニクス2018年1月号,pp. 116-117
タイトルとURLをコピーしました